葬儀に参加している女性

宗教によって違う葬儀

数珠

葬儀は東京で行なうと良いでしょう。大切な家族が天国に旅立ってしまったら、しっかりと見送ってあげられるような対応が必要です。

葬儀はいつおこるか分からないものなので、いざとなった時のために葬儀の種類や内容を知っておくと便利です。日本でよく行われているのは、仏式、キリスト教式、神式という三つの宗教に沿った葬儀です。仏式葬儀は最も多い形式です。僧侶の読経があり、遺族と参列者によるお焼香があります。しかし、最近は簡易的に行われるケースが多くなっています。キリスト教式にはカトリックとプロテスタントがあります。カトリックは神父、プロテスタントは牧師が教会でミサを執り行います。カトリックでもプロテスタントでも手を合わせて拝むことはタブーとなります。神式の葬儀は「玉串奉奠」という独特の儀式があります。仏教でいうお焼香にあたる儀式です。基本的な流れは仏教の葬儀とさほど変わらないようです。

葬儀に参列する際には、宗教に沿ったマナーを守ることが大切です。仏式では数珠を持ち、持参する香典の表書きは「御霊前」「御香典」が常識です。言葉使いで「たびたび」などの二重言葉を使用することは禁止されています。キリスト教では「御花料」と書いた香典を持参します。キリスト教では数珠は不要です。神式では「御玉串料」「御神前」と書きます。蓮の花が書かれた香典袋は仏教のみに使用します。宗教によって違うマナーですが、地域によっても大きな違いがあることもあります。例えば関東と関西でも葬儀の内容やしきたりが違います。葬儀の連絡があったときに備えて、冠婚葬祭のマナーブックを買って読んでおくと役立ちます。葬儀の基本的なマナーを知っておくことで、社会人としての常識も身につきます。

注目の記事
遺骨
葬儀の歴史

葬儀は、日本だけではなく、全世界で昔から行われているものです。埋葬方法は、土葬が一般的でしたが、日本では火葬が主流となっています。宗教によって、葬儀の方法は違いますが、日本人は宗教を進行していない人が多いのが現状です。

合掌
仏壇の価格

 多くの家庭に仏壇があることが多いですが、仏壇の種類は様々あります。使用される材質や装飾も様々あり、種類によって価格は大きく異なります。数万円程度の仏壇もあれば、1千万円以上する仏壇もあります。

クレイお坊さん
業者に依頼する

 遺品整理というのは、本来家族や身内が行なうものですが、時間が無くてなかなか出来ないということもあります。そういう場合は、遺品整理の代行業者に依頼しましょう。代行業者に依頼したら、処分も早いですし、楽に整理できます。

香典
まずは見積もりから

遺品整理を業者に依頼する場合は、まず見積もりをとることが大切です。価格は、部屋の広さなどで決められますが、業者によって異なるので注意が必要です。優良な業者を選んで、安心して遺品整理を行いましょう。

喪服
様々な業者の種類

遺品整理業者と一言で言っても、業者によって提供しているサービスは異なります。遺品整理だけを行っている業者もいれば、引越しサービスも行っている業者もいます。業者選びで悩んでいる場合は複数の業者から見積もりを取ると良いです。

オススメリンク